フェブラリーステークス2019年のトレンド競馬予想!外厩、生産ファーム、騎乗、ノーザンファーム天栄、社台

先週の京都記念予想では、印を打った△→◎→▲での決着であったが、連軸を絞ったのでハズレ。3連単【17,060円】の配当をタテ目で取り逃す。
印を打った5頭中、3頭が馬券に絡み悔やまれる結果となった。
今週は2月17(日)に開催される今年初めてのG1フェブラリーステークスを考察していく。

1.フェブラリーステークス傾向


1番人気馬の戦績が【3-2-3-2】で1番人気は80%が馬券圏内。信頼度は高いレースと言えそうだが、単勝オッズ10倍~29.9倍の馬も【3-4-2-22】と侮れない。

2.出走予定人気馬の見解
インティ
ケイムホーム産駒の同馬は、前走、2馬身差をつけて逃げ切り勝ち。6連勝で重賞初制覇を遂げた。
6連勝と勢いに乗る同馬は、このレースの特性である芝発走を生かせるかが鍵であろう。
東京ダート1600mは外枠有利。逃げ切るのは難しいレースであるが、鞍上の武豊が上手くペースを作り7連勝でG1制覇ということも現実味を帯びている。
人気になる事は間違いないが、軸からは外せない。

ゴールドドリーム
ゴールドアリュール産駒で一昨年1着、昨年2着という実績馬。
ダートG1を2勝しているという実績では頭一つ抜けている存在である。

2.フェブラリーステークス外厩情報

最近のトレンド、外厩馬情報を現段階でわかる範囲で掲載していく。


■ノーザンファームしがらき
ゴールドドリーム

■グリーンウッド
オメガパフューム

■宇治田原優駿S
サンライズソア
ナムラミラクル

■山元トレセン
ノンコノユメ

■吉澤S-WEST
レッツゴードンキ

3.レース予想

インティが逃げるところをゴールドドリームが差し切るという予想だ。
前に行った馬での決着になると思うので今回は追い込み馬はバッサリと切る。

◎ゴールドドリーム
○インティ
▲サンライズソア
△オメガパフューム

馬連
◎→〇

3連単
◎〇→◎〇→▲△

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です