第54回サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)2019年のトレンド競馬予想!外厩情報や生産ファーム、ジョッキ-、調教、馬場状態、血統などから徹底考察。

トラックマンDです(^^)
先週はサートゥルナーリアを切るという暴挙に出た挙句、オカルト予想でバッチリ外しました^^;
意外にも戸崎が上手く乗ったのか、馬が強かったのか、当初の本命ダノンキングリーが差のない3着になったことが収穫です。
ダービーでは自信の対抗にしようかと(笑)

では、フローラステークス2019を考察していきます。

1.フローラステークスのレース傾向
2.出走予定馬の外厩情報・調教情報・レース適性
3.レース予想

1.フローラステークスのレース傾向

フローラステークスは2着までがオークスへの優先出走権を得られる、東京の芝2000Mで行われるトライアルレースです。
このレースの勝ち馬は本番のオークスで上位争いを演じており、本番を占う上でも重要なレースと言えますね。

左回りで2コーナーまでの距離が短いため、外目を回らされるとロスが大きいのでスタートから好位置につけられる器用な馬が良いですね。また向こう正面の半ばには上り坂があり3コーナーにかけて下り坂となるので、そこで勢いをつけて直線に入りつつ、東京の長い直線525Mで末脚を発揮できる体力のある馬が好走しやすいです。

2.出走予定馬の外厩情報・調教情報・レース適性

現在分かっている外厩情報と調教情報を挙げていきます。

■ノーザンF天栄
フォークテイル
ペレ
クラサーヴィツァ
パッシングスルー

■吉澤S-WEST
アモレッタ

■KSトレーニングC
ウインゼノビア

■グリーンウッド
イノセントミューズ

■山元トレセン
ヴィエナブロー

3.レース予想

かなり荒れる要素を持ったレースであるので人気馬の実力を見極めることが大事だと思います。
デビューが遅れ未勝利を勝ったばかりの1勝馬セラピアが人気を集めていますが、そこまで人気になる馬なのかは疑問です。
本命は前走2着に敗れてはいるが、東京コースに変わって直線で長くいい脚を使えると考察するこの馬です。外厩でしっかり乗り込まれているのもプラス材料です。

◎本命はLINE@で当日14時に配信します!
  @uwr3038i   ←友達追加してください☆

対抗フェアリーポルカを挙げます。
前走の君子蘭賞を強い競馬で勝ち、また新馬戦で2000Mの勝ちがあるというのもここでは馬券に絡んでくると考察します。

単穴にはシャドウディーヴァを挙げます。
前走のフラワーカップで馬券外となったが中山が合わなかっただけだと思います。直線の長い東京で岩田騎手が内からスルスルと伸びてくるイメージで単穴に挙げました。

荒れるレースなので何が来てもおかしくないが、広く抑えて点数が多くなっても仕方ないので、3頭に絞って勝負します!

以下、印です。
→LINE@で14時に配信します
○フェアリーポルカ
▲シャドウディーヴァ

 トラックマンDの買い目 
【馬連BOX】3点
◎○▲
【3連単BOX】6点

◎○▲

それでは皆様のご検討をお祈りしています☆


競馬ランキング

【LINE@で本命馬を配信します!】
@uwr3038i
☆友達追加お願いします☆



Twitterで最新情報をGET!
@COM83481263
フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です