阪急杯(GⅢ)2019年のトレンド競馬予想!外厩、生産ファーム、騎乗、ノーザンファーム天栄、社台

2月24(日)に開催される阪神芝1400メートル・G3阪急杯を考察していく。

1.阪急杯傾向

阪急杯はG1高松宮記念の前哨戦。
阪神開幕週かつ短距離戦の為か、とてつもない前傾ラップになう傾向がある。
前半3ハロンがかなり早くなり、上りの3ハロンが35秒前後と上りがかかるレースである。

2.出走予定人気馬の見解

【ミスターメロディ】
前走のG2阪神カップは勝ったダイアナヘイローの2番手につけ先行しそのまま2着でゴール。稍重で時計のかかる馬場であったが上り3ハロン34.8は出走馬中3位の上りであった。
先行しつつ、最後の直線で二の足を使えるこの馬が馬券の中心になりそうだ。
ノーザンファームしがらき帰りであり、ここを勝ちに仕上げてきていると思われる。

【ダイアナヘイロー】
昨年のこのレースの覇者。昨年は福島調教師の引退レースで見事勝利を挙げた。今年も先週GIを勝った武豊を鞍上に人気の一角になるであろう。
前走のG2阪神カップは人気薄での逃げ切り勝ち。馬連万馬券と波乱を演出したが、今回は人気サイドの一角として人気を集めそうだ。
この馬も隠れた名外厩である小松TC帰りであるので狙いたい馬である。

3.阪急杯の外厩情報

最近のトレンド、外厩馬情報を現段階でわかる範囲で掲載していく。

■ノーザンファームしがらき
アドマイヤゴッド
スマートオーディン
ミスターメロディ
リナーテ

■山元トレセン
スターオブペルシャ

■吉澤湖南WEST
レッツゴードンキ

■愛知S(小松TC)
ダイアナヘイロー

■ひいらぎawaji
ダイメイフジ

ノーザンファームしがらきから4頭。
阪神カップで上位3頭だったダイアナヘイロー、ミスターメロディ、スターオブペルシャが全て外厩なので連軸はここから狙っていこうと思う。

 

4.レース予想

開幕週ということもあり、前に行った馬が有利だと考える。
ダイアナヘイロー、ミスターメロディがレースを作るが、前走不利な展開の中確実に足を伸ばしたスターオブペルシャの逆転があると考える。

オッズ妙味のあるスターオブペルシャを軸に、先行馬を絡めて馬券を買いたいと思う。

◎6 スターオブペルシャ
○16 ミスターメロディ
▲14 ダイアナヘイロー
△9 ダイメイフジ
△4 タイムトリップ

馬連 3点
◎6 →○16
◎6 →▲14
○16→▲14

三連複2頭軸 3点
◎6、○16→▲14、△9、△4

3連単BOX 6点
◎6、○16、▲14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です