共同通信杯2019年のトレンド競馬予想!外厩、生産ファーム、騎乗、ノーザンファーム天栄、社台ホース

2月10日日曜に開催される牡馬3歳のG3共同通信杯。
過去の勝ち馬にはゴールドシップ、イスラボニータ、スワーヴリチャードなどクラシックはもちろん古馬になっても活躍する馬を輩出する出世レースと言っても良いだろう。今年は7頭立てと小頭数なので波乱はなさそうであるが、雪のため土曜開催が11日に振替になった東京の馬場状態が気になるところだ。。
馬の能力だけならアドマイヤマーズが抜けていると思うが、初の1600メートル以上の距離を克服できるか。

 

1.共同通信杯傾向


東京競馬場の1800メートル戦であるが、過去の連対率を見ると逃げ、先行馬が優勢である。
3ハロンの上りが求められるレースではあるが、後方からだと届かないことが多い。
キングカメハメハ産駒はこのレースで勝ちがなく2着も一回だけである。

2.出走馬の適正

アドマイヤマーズ
朝日杯FSを好位から押し切る競馬で無傷の4連勝を飾り最優秀2歳牡馬に輝いた実力はこのメンバーでは頭一つ抜けている。
懸念すべきはダイワメジャー産駒は芝1800メートル以上の重賞では極端に成績を落とすので、距離を克服できるかどうか。

フォッサマグナ
意外にも藤沢厩舎はこのレースは2着が最高順位。外国産馬に鞍上ルメールで初制覇を狙う。新馬戦はノーステッキで2馬身半差の快勝。
1勝馬であるがスケールを感じる。


4.外厩からの注目馬

ダノンキングリー
ノーザンファーム天栄の外厩帰り馬。
ディープ産駒であり、前走のひいらぎ賞では外枠から外々を回って、早めに追い上げて直線では後続を突き放しての楽勝だったのでここでも勝ち負けになるか。
鞍上の戸崎騎手がレースの流れに上手く乗れるかがカギ。

ちなみに出走各馬の外厩情報は下記となる。

アドマイヤマーズ
ノーザンファームしがらき

フォッサマグナ
ノーザンファーム天栄

クラージュゲリエ
ノーザンファームしがらき

小頭数というのもあるが、順当に外厩馬で決まるであろう。


5.共同通信杯2019の予想

本命はアドマイヤマーズ。
距離に不安が残るがこのメンツであれば負けないであろう。
雪でどうなるか分からない馬場だが、ダイワメジャー産駒は力のいる馬場が得意である
。その辺も考慮し軸は固いであろう。

対抗にフォッサマグナ、以下印となる。

◎アドマイヤマーズ
○フォッサマグナ
▲ダノンキングリー

買い目については、小頭数でオッズに妙味が全くないと思うので一着固定の3連単で勝負。
アドマイヤマーズ→○▲→○▲

===================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です