中山記念2019年のトレンド競馬予想!外厩情報、生産ファーム、騎乗、ノーザンファーム天栄、社台

1.中山記念の傾向

例年そこそこの上位人気勢で決着していることが多いレース。
しかし天候や馬場の状態によって大きく荒れた年もあったため天候には注意必要。
また、基本的に開幕週の中山競馬場の小回りコースでコーナー数も多く内枠勢、先行勢が有利となっているレースではあるが、逃げの失速しやすいコースであるため中段やや前めの競馬で上がりを使える馬が勝機ありと考える。

2.出走予定馬外厩情報

■ノーザンファーム天栄
ステルヴィオ
■ノーザンファームしがらき
スワ―ヴリチャード
ディアドラ
ラッキーライラック

■■吉澤S-WEST
エポカドーロ

ノーザンファーム天栄から一頭。しがらき3頭。
個人的に先週の京都牝馬Sで激走した当方◎デガレガーロが動いたこともあって今週も天栄馬ステルヴィオには要注目した馬券を今から考えている。

外厩以外にも中山巧者のウィンブライトなど出走予定で一筋縄では難しいかもしれない。

3.レース考察

当レースの枠順と出走馬がが発表された。
個人的には狙っていた馬が内枠を引いて良い感触。
まず本命候補のウィンブライトであるが、先行脚質で中山巧者、昨年覇者。
そして実力のわりにあまり人気する馬ではなくさらに今回はG!ホース多頭数出走でさらに配当妙味ある一頭となりそうだ。

昨年大逃げをうって3着のマルターズアポジが2番に入ってこれは完全に流れる展開になるだろう。
前走では出遅れて良いとこなしだったので完全度外視でよいだろう。
念のため紐候補には入れておきたい一頭。

そして体制立て直しを図るラッキーライラックも内枠を引きこのマルターズアポジーに続いて行くのではと思っている。
元々4歳世代の牝馬の中では素質上位馬で怪我や鞍上乗り代わりなどなければもっと結果を出していても良い一頭。しかも53キロのアドバンテージは大きいだろう。

次走ドバイ遠征が決まっているディアドラスワ―ヴリチャード
この2頭は実力上位だがここをメイチには仕上げてこないだろう。
さらにドバイ出走のため無理な乗り方はしないはず。
となれば実力より割引は必要。
特にスワ―ヴリチャードは大箱の東京が合う馬で中山小回りコースは適正薄い。ましてや出遅れ癖のあるため中山では信頼はできない。

エポカドーロは外めに入ったがコース適正高く悔やまれない一頭。
しかし騎手込みでみると評価は下げざるを得ない。

ステルヴィオはノーザンファーム天栄で仕上げて臨戦態勢か?
素質上位で推定1人気であるが、このレースの1人気の飛ぶ確立と脚質を考えると人気するなら外す一頭となりそうだ。

4、レース予想

前日予想であるがオッズもだいたい落ち着いてディアドラが1番人気となった。
個人的にステルヴィオが1人気かと思っていたのだが。。
これは逆に思惑と反した結果となったが、逆に買いたい馬が人気を落としたなら狙うしかないだろう。
逆にディアドラは1人気に押されたことによって買うメリットがなくなった。
ドバイ出走、後方脚質、久々出走。
そして1人気の飛ぶレース中山記念。不安材料がそろいすぎている。

◎ウィンブライト
成長見てとれるステイゴールドの産駒で中山巧者の昨年覇者。
ここから馬券を組み立てる。

〇ステルヴィオ
まさかの人気なく配当妙味と馬券期待度の高い素質トップ馬。
ノーザンファーム天栄帰りで丸山騎手がシッカリと調教追いをしていたのでノリ代わりの不安はないだろう。

▲ラッキーライラック
元々素質牝馬が斤量恩恵をもらいつつ巻き返し図る始動戦。
しがらき3頭出しのうちここを狙ってきているのは、ドバイ2頭ではなくこの馬だろう。

☆マルターズアポジー
中山で鞍上も代わりここは得意の超逃げ策で残れてもおかしくない。

△スワ―ヴリチャード
ドバイを次走にここは叩き台だが、実績上位馬。
中山は不向きだが押さえで。

買い目

ワイド◎⇒〇☆
馬連 ◎⇒◎△
三連複◎〇⇒画像参照

※2着想定馬、3着想定馬で買い目を変更しているため買い目は少々難しくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です