夕刊フジ賞オーシャンステークス(GⅢ)2019年のトレンド競馬予想!外厩、生産ファーム、騎乗、ノーザンファーム天栄、社台

3月2(土)に開催される中山芝1200メートル・G3夕刊フジ賞オーシャンステークスを考察していく。

1.夕刊フジ賞オーシャンステークス傾向

オーシャンステークスは1番人気馬が過去10年で2頭しか優勝していない。
過去12回のレースで、なんと8回が3連単10万円馬券であり、さらに3回が100万馬券となる馬券妙味のある波乱の傾向の強いレースである。
馬券を取るには人気薄馬の見極めが重要となる。

中山芝1200メートルの外回りコースは、基本的には先行馬が有利であるが、ハイペースになりやすく、直線の急坂があるので差しや追い込みが突っ込んできます。
坂のあるコースに実績がある馬は要注意だ。

2.出走予定人気馬の見解

今回の舞台と一緒の中山1200メートルで2勝を挙げているモズスーパーフレアが人気の中心になってくるであろう。
G1スプリンターズステークスで先行して2着に粘ったラブカンプーや、短距離重賞の常連であるナックビーナスが続く。

3.オーシャンステークスの外厩情報

最近のトレンド、外厩馬情報を現段階でわかる範囲で掲載していく。

■ノーザンファームしがらき
エスティタート
アドマイヤゴット

■吉澤S-WEST
モズスーパーフレア

■山岡トレセン
イエローマリンバ

■山元トレセン
ナックビーナス

■ヒイラギawaji
ダイメイフジ
ラブカンプー
ダイメイプリンセス

■下河辺牧場
レジーナフォルテ

■グリーンF甲南
エントリーチケット

■松風馬事センター
スノードラゴン

■KSトレーニングC
カイザーメランジェ

■宇治田原優駿S
ナインテイルズ

4.レース予想

中山芝1200mは3戦2勝・2着1回とコース適性は高が高く、今回ルメール騎手を鞍上に迎えたモズスーパーフレア。賞金的に問題はなさそうだが、ここを勝ってG1高松宮記念の出走権を確実にしたいと考える。
スムーズにハナを切れれば、高いスピード能力でそのまま逃げ切ってしまうという展開もあるであろう。仮に逃げ切れなくても3着以内に残り馬券に絡むのは間違いないと思う。しかし、今回はイエローマリンバ、ショウナンアンセムの逃げ馬もハナを主張し、その後ろをナックビーナスラブカンプーが追走しハイペースになると予想する。
そうなると、直線に入り急坂のあたりで一杯になり足色が悪くなったところを足をためていた馬が突っ込んでくる。
それが外厩・ノーザンFしがらき帰りのエスティタートだ。
前走のシルクロードステークスでは11番人気ながら、上り3ハロン33.9の足でダノンスマッシュの2着となった事を評価し、この馬を今回は本命に据えようと思う。
波乱のあるこのレースで高配当を狙いたい。

◎エスティタート
○モズスーパーフレア
▲ナックビーナス
△ラブカンプー
☆カイザーメランジェ

【馬連】 2点
◎→○▲

【ワイド】 2点
◎→○▲

【三連複】 6点 
◎→○→▲△☆
◎→▲→○△☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です