第79回 桜花賞(GⅠ)2019年のトレンド競馬予想!外厩情報や生産ファーム、ジョッキ-、調教、馬場状態、血統などから徹底考察。

こんにちは。予想家Gです。
先週末の平成最後のG1大阪杯は◎キセキと▲アルアインからの馬連とワイドで高配当を的中させることができました。
ワグネリアンには空気を読んでほしかったところです。
さて今週は年号変更後一発目のG1桜花賞です。
今のところ堅い決着になるのかなと思っており微妙なところですが、勝機ある穴馬がいればもちろん推奨していきますのでお楽しみに。

1、桜花賞のレース傾向
2、桜花賞の外厩先情報や特徴と傾向
3、桜花賞のレース予想

1、桜花賞のレース傾向

桜花賞をには様々なルートがありますが、結局単純な話で阪神1600メートルの1番強い馬を決めるのが桜花賞でそこまでの過程でどの馬が強いかを見出していく傾向です。
つまり同舞台での好走、1600メートルでの好走が最も馬券に絡無可能性がありそれはデータとしてもシッカリ表れています。
前走が1600メートル以下1600メートル以上の馬には基本的に不利があります。
また、前走チューリップ賞組とジュベナイルフィリーズ組が馬券率が高くそれぞれでレベルの高い走りをした馬はチェックが必要です。
皆さんよくご存じのダノンファンタジーはいずれのレースも勝利していてまさに王道を進んできている一頭で大きな崩れはないと思っています。
ただし、ジュベナイルの4着馬シェーングランツなどは今回仕上げてくる可能性も高く巻き返しもある一頭だなと見ています。
クロノジェネシス、ビーチサンバあたりも能力拮抗で今回の仕上がり次第。
チューリップ賞の2着シゲルピンクダイヤや3着ノーブルスコアあたりも十分馬券に絡む可能性があり能力比較がちょっとむずかしい感じですね。
枠としては外枠有利ですので強い馬が内枠に入ると道がない…といった事態になったりもします。
直線も長いのでどちらかと言えば差し追い込みの有利でしょう。

2、桜花賞の外厩先情報や特徴と傾向

桜花賞の外厩先情報
■ノーザンファーム天栄
グランアレグリア
フィリアプーラ
■ノーザンファームしがらき
アウィルアウェイ
クロノジェネシス
ビーチサンバ
ラヴズオンリーユー

■調教評価有力馬
S評価グランアレグリア
S評価ビーチサンバ
A評価クロノジェネシス
B評価ダノンファンタジー

■枠順有力馬評価
S評価グランアレグリア
ど真ん中で先行脚質。周りは追い込み馬。絶好の展開に。
S評価ビーチサンバ
ゲート下手なので逆にこれくらいからの枠で好位形成できそう。自在性あり。
B評価クロノジェネシス
少し内に入りすぎた感は否めない。
C評価ダノンファンタジー
掛かり気味のためこの大外枠は前に壁を作りづらく行き過ぎてしまう不安有。

3、桜花賞のレース予想

今回はトラックマンDとの予想対決。
勝利したほうが皐月賞をメイン予想しますのでお楽しみに。
すべての情報を精査し予想が決まったので更新していきます!
逃げ馬不在の桜花賞は展開が読みづらく難しいがこのメンバーならスローペースになるのが濃厚。
1番人気ダノンファンタジーが大外枠に入ってしまい調教過程からみても乗り方が難しそうなので評価を下げる。
人気のシェーングランツやクロノジェネシスは逆に内枠すぎる感が否めない。
ジョッキーの裁き次第といった感じになりそう。

予想家Gの本命はこの馬!
調教、馬体、阪神競馬場の今の馬場状態やコース傾向的にもぴったり合いそう。こんなに人気ないのが不思議すぎるので配当妙味的にも本命とした。


競馬ランキング

対抗にはグランアレグリア。
ローテーション関係なく現状素質上位馬として指名する。
単穴にクロノジェネシス。このメンバーで最速の瞬発力を誇るこの馬は桜花賞に向いていると思う。しかし内枠すぎて裁きが難しいので評価を1段下げる。
人気のダノンファンタジーは枠と気性面で割引。能力や仕上がりは問題ない状態ではある。
押さえに不器用だがラスト直線で一気に突っ込んできそうなシゲルピンクダイヤとアクアミラビリス。


競馬ランキング
〇グランアレグリア
▲クロノジェネシス
△シゲルピンクダイヤ
△アクアミラビリス

買い方
◎⇒〇▲ワイド2点各2万円
◎⇒印馬連4点各5000円


 トラックマンDの買い目 

馬場状態から1分33秒台の決着になると思うので、早い決着の桜花賞は能力上位の馬が順当に上位を占めると予想します。

◎クロノジェネシス

○ビーチサンバ
▲ダノンファンタジー
☆グランアレグリア
△シェーングランツ

【馬連】4点
◎→○▲☆△
【三連複二頭軸】3点
◎○→☆▲△


競馬ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です