第68回フジテレビ賞スプリングステークス(GII)を外厩情報や騎手、枠順、天候、馬場、血統などから徹底考察。

スプリングステークス担当の予想家Gです。
今週末日曜日開催のスプリングステークス2019の特徴や登録馬の外厩先情報などを記載していきます。

1、スプリングステークスの傾向など
2、出走予定馬の外厩情報
3、レース予想と展開など考察

1、スプリングステークスの傾向など

中山競馬場で行われる皐月賞トライアルであり過去にオルフェーブルなどを輩出した歴史ある重賞。
2011年に伝説の怪物オルフェーブル、2015年にはキタサンブラック。
最近では記憶に新しいウィンブライトやステルヴィオが勝利をしておりここからスターホース誕生を期待するファンも多い。
また3歳の成長過程で500万クラスなどからも多く出走してくるためここからいきなり本領発揮してくる素質馬もいるため割と高配当も期待できる一戦である。

コースはフラワーカップ同様で急坂途中からのスタートでコーナー4つの2ターン。
基本内枠、先行馬有利の中山コースだが、内芝の剥がれや荒れが目立ち始めており単純に内枠で逃げて勝利が簡単な現状ではなさそう。
先週見ている限りはやや真ん中に出した方が伸びて来ている印象。
ここで人気しない素質馬を見抜き妙味ある配当を狙いたい。

2、出走予定馬の外厩情報

■ノーザンファーム天栄
シークレットラン
ディキシーナイト
■ノーザンファームしがらき
アンクルテイオウ
ヒシイグアス
ロジャーバローズ
■吉澤S-WEST
モズベッロ
ファンタジスト
■山元トレセン
リバーシブルレーン
キュアン
■信条牧場
クリノガウディ―

注目馬はいるが、なかなか混戦。
前走人気裏切ったシークレットランは天栄。
その後の京成杯勝ち馬ラストドラフトの負けっぷりを見てもメンバーレベル高くはなかったと言える。
今週いっぱいでおいしい穴馬を見出していく。

3、レース予想と展開など考察

スプリングステークスはなかなか面白いメンバーが揃った印象。
オッズも割れており配当妙味ありそうなレース。
昨日の同コース、フラワーカップでは外差しを予想していたが逃げて勝ったコントラチェックは内からシッカリ伸びていた。まあ、コントラチェックは強すぎたというのは否めないが。
今レースはやはり従来通りスローからの瞬発勝負という構図になると予想。
本命は、逃げて舞台合いそうなこの馬◎ブログランキングで発表。


競馬ランキング

対抗には、前々走出遅れたが上がり最速で6着まで好走したエメラルファイト。まったく売れていないが能力的にここで勝ってもおかしくないレベルでありこのオッズなら買って損はないだろう。
▲にディキシーナイト。瞬発力勝負になればこの馬が突き抜けるイメージが想像できる。
人気のファンタジストは距離が少し長い印象で賞金度合いをみて勝負気配は高くはないので割引、しかし勝ってもおかしくないので注意。
クリノガウディも賞金持っているので本番前で勝負気配は他馬よりはないので割引だが能力上位。
ここは、堅い決着よりも隠れた素質馬で人気薄を狙っていきたいレース。

■印
ブログランキング
〇エメラルファイト
▲ディキシーナイト
☆クリノガウディ―
△ニシノカツナリ
△ユニコーンライオン
△ファンタジスト

■買い方
ワイド2点
◎⇒〇▲
三連複フォーメーション19点
◎⇒〇▲⇒1,2,3,4,5,6,9,10,12,13,15

Twitterで最新情報をGET!
@COM83481263
フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です