第159回天皇賞(春)(GI)2019年のトレンド競馬予想!外厩情報や生産ファーム、ジョッキ-、調教、馬場状態、血統などから徹底考察。

トラックマンDです(^^)
天皇賞(春)2019を考察していきます。

1.天皇賞(春)のレース傾向
2.出走予定馬の外厩情報・調教情報・レース適性
3.レース予想

1.天皇賞(春)のレース傾向

天皇賞・春は京都の外回り芝3200Mで行われるG1です。
過去10年で1番人気が勝利したのは2017年のキタサンブラックのみで、オルフェーブルやゴールドシップといった名馬たちが一番人気の期待を裏切ってしまうレースでもあります。今年の天皇賞は飛び抜けた馬がおらず、上位の人気は割れているので波乱含みの展開になると考察します。

コース図を見ると分かりますが外回りコースを約1周半します。このコースは天皇賞・春でしか使われないコースであります。
2周目の3コーナーからゴールまでの800Mを持続力のある脚で速いラップを刻んでいかねばならないタフなレースです。
4コーナーまでに好位につけないと馬券に絡まないというデータがあり、追い込み馬には合わないコースです。

2.出走予定馬の外厩情報・調教情報・レース適性

現在分かっている外厩情報は下記になります。

■ノーザンFしがらき
パフォーマプロミス
カフジプリンス
ユーキャンスマイル

■ノーザンF天栄
フィエールマン
グローリーヴェイズ

■宇治田原優駿S
チェスナットコート

3.レース予想

人気の中心となるのは昨年の菊花賞1・2着馬、フィエールマンエタリオウですが、盤石の信頼をおける馬ではないと私は思います。
フィエールマンが勝った菊花賞は、スタミナではなくレース展開が味方した瞬発力勝負での勝利だと思うので、一番人気に本命は打てませんでした。

本命は、休み明け外厩仕上げで前走2着に入り叩き2戦目での上積みが見込めるこの馬にしました。今回は在厩での調整ですがマイナス要素はないと考察します。

◎本命はLINE@で当日14時に配信します!

  @uwr3038i   ←友達追加してください☆

対抗にはリッジマンを挙げます。
前走の阪神大賞典では2番人気に推されながらも6着と振るわなかったですが、昨年のステイヤーズSを好位追走から先行馬をまとめて突き放して勝利したように、長距離での実績があるにもかかわらず今回人気を落としているのでオッズ妙味もありますので対抗評価としました。

単穴にはフィエールマンを挙げます。
今年のメンツの中ではやはりポテンシャルは一枚上手だと思うので単穴としました。

そして、注目馬としてパフォーマプロミスを挙げます。
前走の京都記念は勝ったダンビュライトからコンマ1秒差の4着。3着のマカヒキとはクビ差でした。そのマカヒキが大阪杯でコンマ2秒差の4着でしたので、好位から抜け出して一発という展開もあるのでは??と考察します。
2走続けて外厩先のノーザンFしがらきで仕上げられてるのもプラス材料としました。

以下、印です。
→LINE@で14時に配信します
○リッジマン
▲フィエールマン
☆パフォーマプロミス

 トラックマンDの買い目 
【馬連流し】3点
◎→○▲
【三連複一頭軸】3点
◎→○▲
【3連単フォーメーション】6点
◎→○→▲
◎→▲→○
◎→☆→○▲

予想家Gの予想見解
今回ロードヴァンドールの単騎大逃げの形に実質ば馬群コントロールする逃げのメイショウテッコン。さらに逃げ宣言ヴォ―ジュと前はそう楽な展開にはならそう。
ある程度流れるペースで速い京都の馬場でこの流れに対応できる馬を筆頭に馬券を組み立てたい。
本命はエタリオウ。馬ゴミが苦手でこの枠はマイナスだが立て続けの2着と高速対応可能な脚質で安定感あるため連軸。
対抗にクリンチャー。前年度のパフォーマンスを発揮すればここは上位争い必至だがあとは最終状態次第か。
単穴にカフジプリンス。
ここ近走使うごとに良くなってきておりジョッキーとも手が合う形。展開も向きそうでステイヤー血統を存分に発揮できそうな一頭。

■買い目
◎〇⇒2,3,5,6,7,8,10,13
三連複8点
フィエールマン、カフジプリンス手厚めに。

それでは皆様のご健闘をお祈りしています☆


競馬ランキング

【LINE@で本命馬を配信します!】
@uwr3038i
☆友達追加お願いします☆



Twitterで最新情報をGET!
@COM83481263
フォローお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です